DRAKE SW-8 - BCL RADIO NET

DRAKE SW-8

DRAKE SW-8

日本で正規販売されなかったこともあり、日本国内の流通台数が少ないアメリカDRAKE製の受信機SW-8です。シンプルな正面パネルとスタンドが印象的なデザインです。操作部分はDRAKEのR8シリーズに酷似しているため、どちらかが流用したものと思われます。

小型化、また世界中に流通させるため電源はACアダプタ方式です。受信周波数範囲は100kHz~30MHz、87~108MHz、118~137MHzとなっておりまた受信可能モードもAM(AM同期検波モードもあり)、SSB、FMとオールラウンドで使うことができます。

DRAKE SW-8受信機

正面パネルには操作部以外に小型のスピーカ、ロッドアンテナも配置されており、気軽にBCLなどを楽しめるモデルです。もちろん本格的な使用をベースに考えられており、背面には各種アンテナに対応した端子(M型コネクタ含む)があり、受信帯域を決めるフィルタ帯域は6kHz、4kHz、2.3kHzを切り替え可能です。

DRAKE SW-8受信機 背面パネル

北米ではかなりの数が流通しているため、比較的入手は容易です。ロッドアンテナ折れをよく見かけます。また内部のソフトウエア(ファームウェア)が何度か更新されており、可能であればシリアルナンバーが6L1295で始まるモデルがベストだと聞いています。(更新内容は不明です)