RF-2200/クーガ2200 - BCL RADIO NET

RF-2200/クーガ2200

0RF2200-01.jpg

BCLブーム真っ盛りの当時発売されたクーガシリーズの頂点ともいえるBCLラジオで、それまでのクーガーの集大成である他に周波数表示が均等間隔になるように設計されたバリコンを使用、125kHzと500kHzステップの2つのマーカーを搭載するなど存分にBCLを楽しめるアナログ機の決定版です。通過特性を決めるWide/NarrowスイッチやBFOスイッチ、AM放送を感度良く受信できるジャイロアンテナなどもあり、大変楽しめるラジオです。口径の大きいスピーカを内蔵していることもあり、AM、FM、短波ともとてもよい受信音を聞かせてくれます。

0RF2200-02.jpg 0RF2200-03.jpg

販売期間が長かったことからマイナーチェンジを繰り返しており、外観、回路とも細部で違うものが何種類かあります。海外でも人気がありパナソニックブランドでDR-22というモデル名で販売されていました。

周波数フィルムのMWの目盛が細かいこと、メインチューニングノブのグリップブロックパターンが大きいことが特徴の初期型のモデル、BASS/TREBLEのシルク印刷、チューニングスピードレバーのエスカッションが無い、クーガーのロゴスタイルが変更されている最終型などとなります。

0RF2200-04.jpg

最終型は内部の基板も初期のころと違い、マーカー回路がICで簡易化されるなど随所にコストダウンの跡が見られます。性能上の違いはありません。

  • 受信可能周波数
    • FM:76~90MHz
    • MW:525~1605kHz
    • SW1:3.9~8MHz
    • SW2:8~12MHz
    • SW3:12~16MHz
    • SW4:16~20MHz
    • SW5:20~24MHz
    • SW6:24~28MHz
  • 回路方式
    • SW:ダブルスーパーヘテロダイン
    • MW、FM:シングルスーパーヘテロダイン
  • 中間周波数:第一 1.985MHz(SW)、第二 455kHz
  • スピーカサイズ:丸型直径10cm
  • サイズ:318Wx188Hx100Dmm
  • 当時の定価:34,800円
  • 特長
    • 周波数読み取り精度10kHz(5kHz)
    • 周波数直線(リニアスケール)ダイヤル
    • FMとAMのチューナー回路の完全独立構成
    • 高周波増幅回路にFETによるソースフォロア回路を採用
    • Narrow/Wideの選択度切り替えを装備
    • MW用最適指向ジャイロアンテナ搭載
    • FMのRFアンプにFET(2SK49)を採用した高感度設計
0RF2200-05.jpg 0RF2200-06.jpg 0RF2200-07.jpg