RF-2900LBS/DR29 - BCL RADIO NET

RF-2900LBS/DR29

RF-2900LBS/DR-29 BCLラジオ 正面

RF-2900LBS/DR29の外観は一見するとプロシード2800に見えますが、周波数表示色が緑青色、スピーカグリル上部のツマミ類など、プロシード2800とは異なるモデルです。

このRF-2900LBS/DR29というモデルはヨーロッパで販売されたもので、日本のプロシード2800とは多くの点で違いがあります。スピーカーグリル上部プリセレクタ機能、周波数表示のオールバンド化、MW、FM、SW以外にMWより低い周波数帯のLW帯の受信、右サイドにあるオーディオ機器入力コネクタなどです。プリセレクタの効果は大きく、浮き上がるように目的の放送が受信できます。

RF-2900LBS/DR-29 BCLラジオ 操作部

内部構造はRF-2800と大きくは違いません。FMバンドは日本の周波数帯とは違う87.5~108MHzの仕様になっています。またAC入力は110V~125V(切替で220V~240V)ですが100Vでも問題なく使えます。

この機種を含め海外モデルは入手が極めて困難ですが、National PanasonicブランドではこのDR29以外にDR22(RF-2200LB)、DR28(RF-2800LBS)、DR48、DR49なども存在します。

RF-2900LBS/DR-29 BCLラジオ リアパネル
  • 受信可能周波数
    • FM:87.5~108MHz
    • MW:525~1610kHz
    • LW:150~410kHz
    • SW1:3.2 ~8MHz
    • SW2:8~16MHz
    • SW3:16~30MHz
  • 回路方式
    • SW:ダブルスーパーヘテロダイン
    • MW、SW1、FM:シングルスーパーヘテロダイン
  • 中間周波数:SW第1 2.000MHz(SW)、MW、SW第2 455kHz・FM:10.7MHz
  • スピーカサイズ:丸型直径10cm
  • 特長
    • LW、MW、SWで動作可能なプリセレクタを内蔵(内蔵ロッドアンテナでも動作可能)
    • ヨーロッパの放送バンドに合わせ、LW帯(150~410kHz)の受信が可能
    • MW、FM、SWの全てのバンドでデジタル周波数表示
    • ワンタッチプッシュプル方式の2スピードダブルギアチューニング